FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の城鎮化政策は落とし穴だらけ

中国に関連した記事をUpします。

記事を書いたのはイアン・ジョンソン(Ian Jhonson)さんです。元記事はここにあります。

最近の都市化推進政策に関連した記事です。
例によって固有名詞の漢字表記はいい加減です。
地名の祈延(Qiyan:チイアン)も当て字です。
あらかじめ謝罪しておきます。

~~ここから~~

中国における農村から都市への移住促進は落とし穴だらけ

中国、西安にて――李永平(Li Yongping)は暗くなった会議室に座っていた。彼の顔は、壁一面のスクリーンに映し出された陝西省(Shaanxi Province)の巨大な地図に照らし出されている。彼がアシスタントに頷くと画面が分かれた。片側には地図が、片側には農夫の写真が現れた。

「この人たちは、ここから移住します。」彼は、省南部を占める山岳地帯を指し示しながら言った。「そして、ここに移ります。」彼は、農夫のために新しく建てられてコンクリートの家を指しながら言った。「彼らは近代世界へ移り住むんです。」

李氏は歴史上、平和時に行われる人口移動としては最大のものを指揮している。中国中央部、陝西省の山岳地帯に住む240万人の農夫を、低い建物が集まる町中の家屋、その多くは別の農夫の土地に、全くまっさらな状態から建てた家屋へと移すのだ。総費用は10年間で2000億ドルと見積もられている。

これは中国において、何千年もの間、社会と政治のかなめ石であった地方の人々の暮らしを終わらせてしまうと言う、政府指導の下に実施される施策の、最も鮮烈な場面を見せてくれる場所だ。過去数十年間、農夫たちは都市へと移住し続けてきたが、今や政府はその速度が遅すぎると言い始めている。今年中に発表される予定の都市化青写真によれば、年間2100万人が都市部に移住することになっている。しかし、中国でしばしばありがちなのだが、公式の計画は既に起きていることを単に文章化しただけであることが多い。陝西省南部プロジェクト以外にも、別の地域で退去は実施されている。寧夏回族自治区(Ningxia)では、350,000人の村人が退去させられている。一方、貴州省(Guizhou Province)では2020年までに200万人が移住すると予想されている。

全部合計すると、これからの数十年間に2億5千万人以上の中国人が都市に住むことになる。辺鄙な地域に住んでいた多くの人たちは、都会で新たな職を見つられないかも知れないとか、今まで大事にしてきた生き方を捨てさりたく無いかも知れないとか、そういう多くの不安を押し流して都市化の激流はやってくる。

この施策は、新たな総理大臣、李克強(Li Keqiang)による都市化の加速に対する強力な支持を受けて、政府最高指導部の意志に基づいて行われている。辺鄙な地域の人口削減運動は、新たな都市在住者がこれからの数十年間需要を喚起してくれるという見通しと共に、中国の目くるめくような速い経済成長を維持する最良の方策と見られている。

この施策は西安の李氏のような人物、中国の辺鄙な場所に住む7億人の人々を21世紀に押し出すのを助けたいと情熱的に話す人物によって実施されている。中華帝国マンダリン官僚の後継者である現代中国共産党官僚の李氏のような人物は、13億人の中国人にとって何が最善かを、全部理解しているかのように話す。どこに住むべきか、どうやって収入を得るべきか、といったことまでだ。

「近代化を達成するための客観的な原則は、」彼は言う「都市化と産業化を完成させることにあります。」

陝西省プロジェクトについて官僚たちが繰り返すマントラは、これが自発的だというものだ。しかしインタビューの結果は、全ての人がそれに同意しているわけでは無いことを示唆している。

過去において中国最大の移住プロジェクトは、三峡ダム開発に伴う120万人の移住プロジェクトだった。この移住は必要不可欠なものだった。村も町も水没してしまうのだから。人々には移住以外の選択肢は無かった。今回の新たな試みは、十年以上の時間をかけて行われる。農家に留まりたいと望むものは、しばらくの間はそうできると官僚たちは言う。彼らは移住の際の充分な補助金と、都会での、仕事を含めたより良い新しい生活を約束している。

しかし李氏のオフィスから200マイル南の山間でかいま見られるプロジェクトの実施例は、李氏が直面する問題の複雑さを描写している。かつては村だった祈延(Qiyan)は、2010年に付近の渓谷で起きた地滑りで29人が亡くなった事件以後、全国的注目を浴びる場所となった。省政府は直ちにこの災害を、何故退去が必要なのかを示すケース・スタディとした。

以前200世帯が暮らす村だった祈延は、町に指定され、一番低い土地がならされて6000人が暮らせるタワー群が建てられた。周辺の山に暮らす人々は、西安のような大都会では無く、この谷に暮らすことを奨励された。このプロセスは城鎮化 (chengzhenhua:町への移住)として知られ、中国において、最も多く議論されるトピックの1つになった。大都市の数を制限するために、農夫を大都市に移住させるのではなく、農地の近くに住まわせようと言うアイデアだ。問題はこれらの地域での仕事、あるいは雇用の不足だ。

2月に訪問したとき、町の住人は自宅の前庭で焚き火を起こし、その周りに集まって座っていた。彼らの家は真新しく、李氏の計画が定めたとおりに屋内暖房や近代的な設備が整っている。しかしその全ては、負担しきれない高額なサービスが無いと使用できない。電力だ。それで人々は焚き火で暖を取っている。

「山の中で暮らしていた頃は、毎月の電力代は10元(約1.6ドル)だった。」2年前祈延へ移住した農夫の林珈慶(Lin Jiaqing)は言う。「だけど今は一ヶ月670元(約110ドル)だ。もうこれからは暖房も洗濯機も使えないよ。」

林氏を含む、依然として公式には辺鄙な地域の住民と分類される人々は、山間で暮らすことの不利益を認めている。彼は毎年約11ヶ月間、はるか離れた江蘇省(Jiangsu Province)のアセンブリ・ラインで過ごしている。彼は新しい家の安全性には満足していると言う。

「もし離れた土地で働いていて、また別の地滑りの危険に家族が直面しているなんて思ってたら、簡単には気が休まらないからね。」彼は言った。

しかしながらアパートの値段は19,000ドルだ。政府の補助金はその4分の1をカバーし、別の4分の1については政府系信託会社が無利子ローンを提供している。

それでもそれは、アパートを買うのに10,000ドルもの大金を家族が払うことを意味し、3年間で5,000ドルの政府ローンを返さねばならないことを意味している。そしてその代金はコンクリートの入れ物の代金でしかない。ほとんどの人々はさらに数千ドルを、塗装とか照明、テレビ、洗濯機のために支払っている。

こういった補助金はすべて、意図した通りに国内需要を押し上げてはいるが、人々に苦しい選択を強いている。

「娘たちは高校の成績も良いんです、でもこのアパートを買ったとき、大学に行かせるお金は無いと判ってしまいました。」林氏の妻、何子芳(He Shifang)は言う。

娘は高校を中退し南の方の深圳市で旅行会社の事務員として働いている。

娘が稼ぐ追加収入で借金は返せそうだと林氏は話す。

他の人の場合、もっと厳しそうだ。

「今は金が無い。」新しい町で仕事に就くことを夢見て、2010年にアパートを買った蔡大偉(Cai Dawei)は言う。工業団地は作られたが、季節毎にしか稼動しない小さなお茶農場の処理プラント以外は入っていない。そこで働いているのは20人くらいだと住人たちは言う。ほとんど全ての人は無職か、遠方にある工場で働いているかの、どちらかだ。遠方にある工場は出稼ぎ労働者の移住を許さない

48歳の蔡氏は、自分は工場で働くには年を取り過ぎたと言う。工場が好むのは若い労働者だ。彼の借金はこの秋に終わる予定だ。蔡氏は、工場での仕事を得た息子が、家族の借金を払ってくれることを期待している。耕す農地を持たない蔡氏は、食べ物を買うお金も息子に頼らねばならないだろうと言う。

彼の妻、魯閔琴(Lu Minqin)の一番の後悔は、700ドルもする46インチ・フラット・テレビを買ってしまったこと。このテレビは電気代がかかり過ぎた。それに200ドルの洗濯機も買ってしまった。それを買った時は、近代的な町の住人には不可欠のものに思えたと彼女は言う。でも今、これらの機器は全く使われずに、ただ座っている。

魯夫人は元の場所に戻ることを考えた。でも元の家を訪れたとき、彼女はショックを受けた。

「政府の人間はいたる所に木を植えていったんです。野生化した豚もいました。」魯夫人は言う。「もうどうしたって帰れません。政府の人間たちは私たちの家を打ち壊して行ったんです。」

こういった状況について質問すると、この政策を指揮する中国政府高官の李氏は、問題を認識していると言う。そして計画を改善する措置をとったと。

「私たちは一般の人々に事情を聞いて、常に計画を修正しています。」李氏は言った。「私たちは1つの計画に盲目的に従っているわけではありません。」

一般の人々の声に注目する李氏のような行為は、政府トップレベルにおいて現在、城鎮化が抽象的な目標を満足するために行われていて、人々の生活を改善していないのではないかと言うで不安が膨れ上がっていることの反映だ。7月初めに行われた代表者会議で政府は、城鎮化は「近代化への唯一の道」であるから、より良く計画されなければならないと書かれた文書を発表した。

背が高く精力的な54歳の李氏は、官僚にはあまりお目にかかれないオープンで親しみやすい人物だ。彼の肩書きはプロジェクトのエグゼクティブ・バイス・コマンダーで政府代表に直接指示を受ける立場だ。しかし生涯を通して草の根の共産党同志である李氏は、土地の担当者がどうやって上司の目をくらませるか知っている。ちょうど自分がそうであるようにだ。「一般の人々と直に話をしなければいけません。」李氏は言う。下から上がってくる良いニュースに頼っていてはいけないのだと。

そのために彼は広範囲な現場を訪問する。しかし今、彼は主に、壁に映し出されるハイテク・データベースに依存していて、まるで作戦を指揮する将軍のようにそれを見つめている。自分の真新しい家の前で写真に収まった農夫を指差して、将来的に移住者は自分の個人情報をオンラインで見て、自分たちが正しく土地の代金を受け取っているか確認できるようになると李氏は言った。腐敗に対する近代的なチェック方法だ。

移住事務所を取り仕切るかたわら、李氏は、国策会社のチーフ・エグゼクティブでもある。その会社は仕事を始めるために国営企業や銀行から10億ドルの資金提供を受けている。国家的城鎮化計画が許可しているモデルだ。

計画によれば、この資金は町へ移住した人々の自立プロセスのために使われる。人々が仕事を得て税金を払い、国庫に再び資金を還流するための呼び水となる。この方法は、城鎮化に対するほとんどの投資が、正しく機能する道として、北京が意図しているやり方でもある。莫大なコストでもって、新しい学校や病院やアパートを作り、移住によって新たな富を生み出そうとしているのだ。

雇用の不足について、李氏は自分が現在編集中の研究結果を取り出して示した。それは外部機関が、1,000軒の家庭を対象にランダムに行った電話による聞き取り調査の結果だ。彼の指摘によれば、移住先で仕事を見つけた住人はほとんどなく、人々は仕事を探して遠方まで訪ねていることが、この研究によって認識されていると言う。

「これは私たちが上手くやれていない部分です。」李氏は言う。「でも私たちはこの問題に取り組んでいます。道を作り、工業団地を作り、企業がこういった地域へやってくる環境を作っています。」

移住を希望するかどうかは、辺鄙な地域の住民たち自身にかかっていますと、彼は主張する。しかし最終的には全ての人が移住せねばならないと、李氏は付け加えた。中国は、人々が自分たちの意志で都市へ移住するのを待ってはいられないと彼は言う。「人々は今までも、町で働く為に山を離れてきました。でもそのペースは充分早くないんです。」

その緊急性の裏にあるもう1つの理由は、中国最大の土木プロジェクトへ、山間部から流れ込む水の重要性にある。川や運河を通して中国南部から乾燥した北部へ水を引き込むプロジェクトに水を供給しなければならない。山間部を再度森林で覆うことは、水を綺麗に保つために必要だと李氏は言う。

彼は又、山間部は危険だとも言った。定期的に地滑りや他の自然災害が起きる。このような地域に人が住むことは許されないと彼は言う。さらに付け加えて、陝西省南部は地域の経済にとって足手まといだとも言った。貧しい農夫たちはより収入の高い都市生活者になるべきだと李氏は言う。

このプロジェクトの底に流れているのは、辺鄙な地域の生活に対する都市生活者の嫌悪感であるようだ。文化大革命の時代、李氏は大学へ行くチャンスを逃した。この国の指導者、毛沢東(Mao Zedong)が学校を閉鎖し若者を田舎へ追いやったからだ。その時の経験は小作農の苦しみを理解する助けになったと李氏は言う。しかし中国の多くのエリートと同様に、彼も又、辺鄙な場所での暮らしを否定的に話す。

「あの人たちはもっとシャワーを浴びるべきです。でも土間でどうやってシャワーを浴びるんです。」李氏は、山間部の日干し煉瓦の家にすむ農夫たちについてそのように言った。「シャワーを浴びないのは良いことではありません。もっと簡単に言えば、私たちは中国の一般大衆に、幾つかの遅れた生活習慣にさよならを言うことを教えなければならないんです。」

~~ここまで~~

次回更新は8月24日ごろになると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゾノシン

Author:ゾノシン
英語の勉強の為に、ニュースサイトの記事を読んでいるうちに、面白さにつられて翻訳してみようと言う無謀な事を始めました。大変なので更新は一週間に一回位になると思います。どこまで続けられるか解かりませんが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
海外格安航空券ena 【イーナドットトラベル】 Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】 【限定募集】ヒアリングマラソン・ベーシックkikuzo! 特別お試し3カ月コース デル株式会社
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。